MENU

乾燥肌のスキンケア

乾燥肌は角質層が水分を十分に保持できないことから、
肌がカサカサして白くなったり、
皮膚がめくれて粉のふいた状態になります。
バリア機能の低下により、
肌が敏感に傾きやすくかゆみや炎症を引き起こしやすいのも特徴です。
洗顔後にしっかりと保湿をしているのに
このような症状が気になる場合には、慢性的な乾燥肌を疑いましょう。

 

気温や湿度の低下する季節に、特に生じやすい肌悩みです。
このような外的要因とは別に、
ストレス・睡眠不足・食生活の乱れ・加齢などの内的要因が引き起こす、
"肌機能の低下"が原因となって生じる場合もあります。
季節を問わずに洗顔後につっぱりを感じたり、
肌の表面がカサカサしているようであれば、
先天的な(遺伝による)ものである可能性が考えられます。

 

その時の肌状態に応じて、
水分と油分をバランスよく取り入れることが大切です。
季節によって調整しながらも、保湿を重視したケアを心がけましょう。
またこの肌タイプは、ターンオーバー(肌の再生機能)の乱れから
余分な角質を溜め込みやすく、
スキンケアの効果を知らず知らずのうちに妨げがちです。
効果的な保湿ケアのためには土台づくりが重要。
乾燥が気になるからといって、洗顔を怠るのはNGです。
うるおいを重視した洗顔アイテムを選んでやさしく汚れを落としてください。
またスキンケア時に刺激を感じる時には、
低刺激アイテムを意識して取り入れるようにしましょう。
かゆみや炎症のある場合には、皮膚科医に診てもらうこともお勧めします。

※おすすめスキンケア
肌に優しいエイジングケアなら→クリック!