MENU

敏感肌のスキンケア


敏感肌の人の必要以上の洗顔は、
汚れと一緒に肌に必要な皮脂まで取り除いてしまうので、逆効果です。
ゴシゴシと顔をこするとその摩擦により、敏感肌に刺激を与えてしまい、
より悪化してしまう場合があります。

 

お肌が刺激を受けやすくなっているのは、
お肌表面にあるバリア機能が弱っているからです。
敏感肌の人は、お肌の角質層がめくれ上がり、
バリア機能がしっかり働くことができない状態です。
その結果、刺激物質がお肌内部に入り込みやすくなったり、
お肌深部にあるべき神経線維が皮膚表面にまで伸びてきたりするため、
敏感に反応してしまいます。

 

バリア機能低下の原因の一つは、お肌の乾燥。
特に、季節の変わり目やホルモンバランスの乱れ、
過度のストレスやアンバランスの食事などによって、
お肌は乾燥しやすくなります。
乾燥した状態のお肌は、お肌内部の水分が減少しているため、
バリア機能が正常に働きにくくなってしまいます。
遺伝によってバリア機能が低下している場合もありますが、
間違ったスキンケアを長い間続けていることも大きな原因です。

 

例えば、刺激の強めの洗顔料でごしごし洗いをすると、
汚れや余分な皮脂だけでなく、
外的刺激からお肌を守る働きをしている皮脂膜までをも、
こすり落としてしまいます。
お肌を守る皮脂膜が壊されると、
これまで何ともなかった物に対して刺激を感じたり、
お肌内部の水分が蒸発してお肌が乾燥に傾いたりするのです。

 

敏感肌の状態から抜け出すには、お肌のバリア機能を正常に戻すこと。
そのためには、お肌の水分量と油分量の
バランスを適度にとることが必要です。
つまり、充分な保湿が第一ということです。
お肌に合った化粧水をたっぷり浸透させ、
乳液や美容液等で水分の蒸発を防ぐケアが大切です。
敏感肌の人に中には、お肌に合うケア商品が見つからず、
十分なケアをしないでいる人も少なくないようですが、
何のケアもしないでいると、
さらに敏感肌の症状を悪化させてしまいますから、
避けてほしいです。

 

敏感肌で悩む人が多いためか、
最近では、敏感肌用のスキンケア商品も数多くあります。
敏感肌用のスキンケア商品には、
お肌の細胞同士をくっつける働きをする
セラミドという成分が配合されているのが特徴のようです。
お肌にセラミドが豊富にあると、お肌の潤いが保たれ、
バリア機能が正常に働きます。
セラミドはバリア機能を正常に戻すために効果的で、
お肌への刺激がほとんどないため、
敏感肌やアトピー性皮膚炎の人でも
安心して使うことができるとして注目されています。

 

敏感肌と言っても、敏感になる刺激は人それぞれ。
スキンケア商品においても、
配合成分によってお肌に合ったり合わなかったりします。
スキンケア商品を選ぶ際は、サンプルを試したり、
事前にパッチテストをしたりなど慎重に選ぶべきです。
そして、毎日しっかりとケアを続けることで、
敏感肌をトラブルの少ないお肌へと変えていくことができるのです。

 

※おすすめスキンケア
肌に優しいエイジングケアなら→クリック!