MENU
※おすすめスキンケア
肌に優しいエイジングケアなら→クリック!

敏感肌の人の必要以上の洗顔は、汚れと一緒に肌に必要な皮脂まで取り除いてしまうので、逆効果です。ゴシゴシと顔をこするとその摩擦により、敏感肌に刺激を与えてしまい、より悪化してしまう場合があります。お肌が刺激を受けやすくなっているのは、お肌表面にあるバリア機能が弱っているからです。敏感肌の人は、お肌の角質層がめくれ上がり、バリア機能がしっかり働くことができない状態です。その結果、刺激物質がお肌内部に入り込みやすくなったり、お肌深部にあるべき神経線維が皮膚表面にまで伸びてきたりするため、敏感に反応してしまいます。バリア機能低下の原因の一つは、お肌の乾燥。特に、季節の変わり目やホルモンバランスの乱れ、過度のストレスやアンバランスの食事などによって、お肌は乾燥しやすくなります。乾燥した状態のお肌は、お肌内部の水分が減少しているため、バリア機能が正常に働きにくくなってしまいます。遺伝によってバリア機能が低下している場合もありますが、間違ったスキンケアを長い間続けていることも大きな原因です。例えば、刺激の強めの洗顔料でごしごし洗いをすると、汚れや余分な皮脂だけでなく、外的刺激からお肌を守る働きをし...