MENU

脂性肌のスキンケア

脂性肌は肌の水分量・皮脂量がともに多いため、
顔全体にベタつきやテカリなどの症状がみられます。
洗顔後に何もつけずに放置していてもつっぱりを感じず、
このような症状になる場合には脂性肌を疑います。

 

皮脂の分泌が過剰なために毛穴に汚れが溜まりやすく、
ニキビや吹き出物などの肌荒れに悩まされやすいのも特徴です。
もともと皮脂線が発達している男性に特に多い肌質です。
皮脂の分泌が過剰になる脂性肌ですが、
その原因はさまざま。例えば、偏った食生活、睡眠不足、
ストレスなどの生活環境の乱れはホルモンバランスに影響を与え、
新陳代謝(ターンオーバー)を低下させてしまいます。
この肌機能の低下が、不安定な肌質をつくるきっかけとなるのです。
また、症状を緩和させるために行いがちなスキンケアが、
肌質をより複雑化させてしまうという危険性もあります。

 

肌は乾燥を感じると、皮脂を過剰に分泌しようとします。
よって脂性肌は、過剰なクレンジングや、
洗顔による肌の乾燥が引き起こしている可能性もあるのです。
肌質の思い込みによる"不適切なスキンケア"を防ぐためには、
洗顔後の何もつけていない肌の状態をこまめにチェックすることが大切。
部分的な乾燥も見逃さずに、状態に応じて保湿ケアを調整することが、
脂性肌のトラブルを予防するコツです。

※おすすめスキンケア
肌に優しいエイジングケアなら→クリック!